歯が抜けてしまった方

歯が抜けてしまいお困りの際にはすぐにご相談下さい。

入れ歯を専門に研鑚を積んできたドクターが様々な治療法を提供しています。

歯が抜けたまま放置するのは危険です!!

1本だけ抜けた場合でもそのままにしておくことはとても危険です。


歯は全てのバランスの中で成り立っています。歯が抜けると、両隣の歯が空いたスペースに倒れてきて歯並びやかみ合わせを乱します。さらに、プラークや汚れがたまりやすくなって、むし歯や歯周病になりやすくなります。そして、抜けた歯の代わりをする周りの歯に大きな負担がかかり続けるため、他の歯をも失う可能性が高まり、次々に歯が抜けていくことになりかねません。

歯が抜けてしまった場合の治療の選択肢

当院では、入れ歯、ブリッジ、インプラントといった、様々な選択肢をご用意しています。


ブリッジは比較的治療期間が短く、天然の歯とあまり変わらない感覚で噛むことができますが、健康な両隣の歯を削らなければ装着できません。入れ歯は着脱が可能なため、口内の清潔を保ちやすい反面、こまめに微妙な調整をする必要があります。インプラントは噛み心地や見た目も天然の歯とほとんど変わりませんが、きめ細かく正しいセルフケアをおこなって定期的に歯科医師によるチェックを受けなければ口内の健康を保てません。


その方に一番合った治療法をお選びいただけるよう、当院では様々な治療法のメリットだけでなく、リスクについてもしっかりお伝えしています。

当院のインプラントについて

慎重なインプラント治療

当院では、インプラント治療はリスクを十分ご説明し、責任を持って慎重におこなうことを基本にしています。

一生、歯科診療で面倒を見てさしあげられると確信できる方にしかおすすめしていません。現在のインプラント治療は安心・安全でトラブルはほとんどありませんが、治療後のセルフケアが不足してそれが蓄積していくと深刻なダメージが起こりかねません。

そのため当院では、定期的なメンテナンスと併せて、年数ごとの保証などできめ細かいアフターフォローをおこなっています。

当院のインプラント治療の特徴

事前の説明をしっかりする
口腔環境を改善する
アフターフォローをしっかりする
安全な治療
疑問や不安を残さない

当院ではインプラント治療前の説明はもちろん、まずは歯周病の治療、骨造成といった口腔環境の改善をしていきます。術後のメンテナンス・アフターフォローも大事にしており、安全なインプラント治療を提供しています。


特に治療前のカウンセリングや説明は分からないこと、不明な点などがないよう十分な時間をかけております。治療費や術後のメンテナンスのスケジュールについてもしっかりと長期的に説明し患者さんの満足度を高めていくよう努めます。


インプラント手術では、長時間口を開けたままお過ごしになります。そのため、当院では手術後にミネラルウォーターをさしあげています。また、お帰りの際に、その日のお食事にできるよう、噛まずに食べられるレトルトメニューを何種類かご用意して、お好みのものをプレゼントしています。レシピ集もありますので、ご覧になりたい際にはスタッフまでお声がけ下さい。

インプラント治療フロー

歯を失ってしまった
矢印 矢印
口腔内の環境やセルフケアに問題がなく、インプラント治療を希望されている 口腔内環境やセルフケアに問題がある
矢印 矢印
インプラント治療についての詳しいご説明 入れ歯やブリッジの治療とケア指導
矢印  
精密検査  
矢印  
必要があれば骨造成などの準備  
矢印  
手術  
矢印  
定期的なメンテナンス  

当院の入れ歯について

入れ歯のエキスパートがきめ細かくオーダーメイドでお作りします

入れ歯は新しい靴と同じで、最初は違和感がありますが、徐々にぴったり合うものになっていきます。靴と違うのは、ぴったり合わせるためには微妙な調整が必要だということ。当院では、きちんと時間をかけて、その方に合った、きちんと噛める入れ歯を作るようこころがけています。


また、入れ歯はフェイスラインにも大きな影響を与えます。若々しさの印象は口もとから感じることが多いため、こうした点に関しても、きめ細かく配慮を行って作製しています。


当院の副院長は大学院で入れ歯を専門に研究してきた歯科医師ですので、機能面でもフェイスラインなどの面でも、安心して治療を受けていただけます。当院には、昔の写真をお持ち下さる方もいらっしゃいます。写真は、患者さんがどういったフェイスラインをご希望になっているかを判断する目安にさせていただいています。


歯がなくなってしまった方の中には噛む位置、顎の位置が安定していない患者さんもいらっしゃいます。インプラント治療をお考えの場合でも、そうしたケースではまず入れ歯を作ってベストな口腔環境を整え、その後、インプラント治療に移行する場合もあります。これは、いわゆる「リハビリ」のための入れ歯です。


入れ歯はお体の一部であり、磨耗しますし、細かい傷も入ります。もちろん細菌やウイルス、歯石も付きますのでお手入れも重要です。また、体調や季節などにより合わなくなるケースもあります。変化するものですので、作ったら終わりではなく、その時々のベストを保てるよう、きめ細かく丁寧にメンテナンスを行っています。少しでも気になることや違和感があったらご来院下さい。

入れ歯の種類

入れ歯の種類は、保険適用のものから自費のより良いものまで、様々なものを取り揃えております。

金床義歯 義歯床(歯肉に触れる部分)が金でできた入れ歯です。変色が起きず精密に製作することが可能です。親和性も高く体に優しいとされています。熱伝導率が高く、食べ物、飲み物の温かさや冷たさが分かるので、お食事の楽しみを妨げにくくなっています。
チタン床義歯 義歯床(歯肉に触れる部分)がチタンという素材でできた入れ歯です。とても軽いだけでなく、アレルギーを起こしにくく、安全性が高いといわれています。こちらも熱伝導率が高く、温度がわかりやすくなっています。
コバルトクロム 最も古くからある金属床です。保険の入れ歯と比べると違和感が少なく長く快適に使っていただけます。金属ですので熱伝導率が高く、温度がわかりやすくなっています。
アタッチメント義歯 アタッチメント義歯はバネが全く見えない入れ歯(義歯)のひとつです。残存歯に連結するために特殊な装置を組み込んだ冠を被せます。部分入れ歯(部分義歯)側にももうひとつの連結するための装置を組み込むことで、ぴったりと安定した入れ歯(義歯)を作ることが可能です。
オーバーデンチャー オーバーデンチャーは総入れ歯と比べると安定し、ズレたり外れることのないインプラント式の総入れ歯です。数本だけ残存している歯の根っこや、インプラントを支えにして、総入れ歯を安定させる方法です。

メリット

  • 健康な歯を削らずにすむ
  • 噛む力が強い
  • 自分の歯と同じように使える
  • 違和感がない

デメリット

  • 治療期間が長い
  • 費用がかかる

金床義歯

義歯床(歯肉に触れる部分)が金でできた入れ歯です。変色が起きず精密に製作することが可能です。親和性も高く体に優しいとされています。熱伝導率が高く、食べ物、飲み物の温かさや冷たさが分かるので、お食事の楽しみを妨げにくくなっています。

チタン床義歯

義歯床(歯肉に触れる部分)がチタンという素材でできた入れ歯です。とても軽いだけでなく、アレルギーを起こしにくく、安全性が高いといわれています。こちらも熱伝導率が高く、温度がわかりやすくなっています。

コバルトクロム

最も古くからある金属床です。保険の入れ歯と比べると違和感が少なく長く快適に使っていただけます。金属ですので熱伝導率が高く、温度がわかりやすくなっています。

アタッチメント義歯(オーバーデンチャー)

ご自身の残っている歯やインプラントに磁石等の装置を組み込むことで、金属のバネが見えない義歯にしたり、取れずらい安定した義歯にすることが可能です。

オーバーデンチャー

オーバーデンチャーは総入れ歯と比べると安定し、ズレたり外れることのないインプラント式の総入れ歯です。数本だけ残存している歯の根っこや、インプラントを支えにして、総入れ歯を安定させる方法です。

もちろんこれ以外にも患者さんに合わせた入れ歯治療をご用意しています。今まで使っていた入れ歯が合わない方、噛む時にガタガタするのが気になる方、歯を失ってしまった方はぜひ一度ご相談下さい。

※他院で作った入れ歯が壊れてしまった場合の修理なども承っております。お困りでしたらご相談下さい。